みんな なか○し!

ポケモンについてくっちゃべります

真皇杯中四国予選オフレポ

 

はじめてブログを書くので拙い部分もあるとは思いますが、最後まで見ていただけたら嬉しいです。

(※対戦についてはあまり触れず、1日の流れを書いているので日記に近いです)

2/21に行われた真皇杯中四国予選に参加してきました。

今回がはじめての対戦オフということもあり、前日は緊張で寝付けませんでした。仕方がないので「耳舐めマッサージ」という音声をYouTubeで聞きながら寝付くことにしました。とてもえっちぃのでオススメです。

http://youtu.be/gE4CMleQlpk

ちなみに、興奮して2時間は寝られませんでした。

当日の朝、えずきながら電車に乗りました。途中、隣に座られた方が僕と全く同じコートを着ており、気まずい雰囲気が漂いました。10駅ほどお互いその場に居座り、それはさながら、お互い有効打のないドランとドランの対面で後続にも負担がかけられないという状況のようでした。

目的の駅に到着して、友人を待つ。駅で見かける人々が同じ予選参加者にしか見えない症候群に陥り、再度えずく。

友人と合流し、予選会場に向かう。この間は僕が持ち前の方向音痴を発動させたこと以外、特に何もなかったので割愛。

予選会場に到着し、受付を済ませる。友人はびぶおふに何度か参加しているということなので運営の方々とは顔見知りのようだった。僕はHNを聞かれ、恥ずかしさでアヘアヘなりながら「なか○しです。」と返答。

Mーさん「読み方は“なかまるし”でいいのかな?」

あぁ、なんでこんなHNにしたんだろう・・・。

若干、運営のむーさんを困らせながら、次にかっこいい名札を受け取る。ここでも、HNを聞かれ返答。速攻で「なかだしくんね!」と言われ、満足感に浸った。

あぁ、このHNにしてよかった。(誰に弄っていただいたかは残念ながら、覚えていない。弄っていただきありがとうございました)

エントリーシートを記入し、ブロックごとに席に着く。ブロック名は主催者のトルンさんの独断と偏見で可愛いトレーナー(一部、他の運営の圧力による女性以外のトレーナー)が選ばれたそうですが、ナタネがいなかったので訴訟も辞さない思いです。

僕がスズナブロックで友人がダイゴブロックだったので、席が離れコミュ症発動。当分、だんまりを決め込む。

ここで、ざっくりとパーティの紹介。

 

フシギバナ@フシギバナイト

呑気  新緑→厚い脂肪

ギガドレ ヘド爆 地震 光合成

 

ヒードラン@こだわりメガネ

控えめ  貰い火

オバヒ 火炎放射 ラスカノ 大地の力

 

サンダー@こだわりスカーフ

控えめ  プレッシャー

10万ボルト ボルチェン 熱風 めざ氷

 

マリルリ@突撃チョッキ

意地っ張り  力持ち

滝登り じゃれつく 馬鹿力 アクジェ

 

ポリゴン2@進化の輝石

図太い  トレース

冷凍B イカサマ 電磁波 自己再生

 

バシャーモ@バシャーモナイト

意地っ張り  加速→加速

フレドラ 飛び膝 守る バトンタッチ

 

紹介おわり。

経緯は覚えていないが、左隣に座っていたすきやバイトさんと話しながら、対戦のスタートを待つ。

そして、ついに対戦のゴングが鳴った…!

(※対戦していただいた方々に許可を得ていないので、対戦結果やパーティや選出は詳細には記載しません)

午前は乱数で耐えたり、急所で勝ったり、戦略に嵌められたり、3タテされたり、ポケッターリ、モンスターリ、これぞポケモンバトル!といった試合展開盛りだくさんだった。

午前は2-3で終わった。実力不足に打ひしがられながら、友人と昼食に出かける。

友人の提案での僕らはココスに向かった。そう、これを回収するためにね!!

f:id:pornograffitti-3754:20160226135050j:image

可愛い(確信)

 

ブヒブヒ言いながら、予選会場へ帰還。

残りの試合を消化。生の「神ィ!?」が聞けたり、プレイングの差を感じさせられたり、お互い謎選出をしたり、バトルの奥深さや楽しさを再確認できた。

午後の結果は1-3。ごめんね、真姫ちゃん、かよちん、凛ちゃん…。

最終結果は3-6。「一勝もできないのではないか?」という心配をしていたので、はじめての対戦オフの結果としては個人的には満足でした。

あとは、GSダブルを観戦したり他の方々の対戦を見学した。GSルールに関しては全く知識がないので周りの方々に色々を教えていただきながら観戦した。おかげで楽しく観戦することができました。本当にありがとうございました。(小学生並みの感想)

その後は、中四国予選の本戦を見学した。僕は1人の人の対戦をずっと見ていたのであまり他の方々の対戦を見れなかったので今後はもっといろんな人の対戦を見たいと思う。(中学生並みの感想)

中四国予選も終わり、舞台は二次会。僕は二次会という場、居酒屋という場もはじめてだったので終始キョロキョロしてて気持ち悪かったと思う。インドアキモオタだからね。しょうがないね。

相席したのは、友人のひかるくん(害悪マスター)とデンちゃんさん(リア充1号)とたこすさん(リア充2号)と時々、むーさん(女帝)。

他の席ではポケモンの話で盛り上がっている中、僕らは下ネタと美味しい魚介類の食べ方の話題に花を咲かせていた。これ、なんのオフ会だったっけ?

僕は未成年ということもあり、終始ウーロン茶を飲んでいたが、たこすさんが熱燗を飲んでいて「かっけぇ…」以外の感情を失った。絶対に20歳超えたらドヤ顔して熱燗を嗜もうと決めた。

終盤は今予選準優勝者のりょうたさんとお話しさせていただいた。さすが、準優勝者だけあってポケモンの知識が豊富でお話ししているだけでポケモン強者になった気分だった。ここで、ポケモンの対戦オフ会の二次会だと再認識する。

僕は電車の都合(何よりお母様の鉢巻逆鱗を受けそうだった)もあり、全体で解散する前に一足先にお暇させていただいた。

駅まではルークさん、りょうたさんと向かったのですが、ルークさんが仰っていた「名残惜しい」という言葉に僕もその通りだと感じました。

今回、初めて対戦オフに参加し、僕のポケモン人生の中で最も楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。

これもひとえに運営の皆様、対戦していただいた皆様、お話ししていただいた皆様、参加者の皆様のおかげです!本当にありがとうございました!

今後も機会があれば、また参加したいです。その時はよろしくお願いします!