みんな なか○し!

ポケモンについてくっちゃべります

ファクトリーオフ オフレポ


お久しぶりです、なか○しです。

今回は5/4に行われたファクトリーオフについてのオフレポになります。

ポケモンの対戦オフは今回が2度目。さらに広島にサヨナラバイバイし、東京でのオフ参加。

前日の5/3から東京には来ていたのですが、宿泊先のホテル付近が見渡す限り海外の人、ハングルの看板のお店、そして蔓延るスパイシーな匂い…。
異国に迷い込んだかのような感覚になりました。

そんな孤独に耐えながら、いざ、ホテルに着くとそのホテルの従業員さん達もアジア系の海外の方。
逃げるようにホテルの部屋へ。ドアを開けると白人の方が2名。同じ部屋のようです。
トーキョーの おいうち!
こうかは ばつぐんだ!

ただ、従業員さんは日本語が堪能かつ接客は丁寧で、同じ部屋の人たちもみんな優しい人でした。ゥチ、がんばる。。。

それでも、ガタイがよく背中や腕にタトゥーが入った海外の人に囲まれて寝るのは怖すぎて目が冴えてしまい、3時間ぐらい眠れなかった。特性びびり。

当日、会場へ向かう。
乗り換えの池袋駅で迷子になったことを除けば何事もなく到着。迷子はノルマ。

僕はレンタル大会への参加だったのでレンタル大会受付担当のアシキさんの元へ向かう。

僕「なか○しです。読みはなかよ…

アシキさん「なかだしさんね!」

くぅ〜!!!これだからやめらんねえよぉ、このHNはよぉ!!!

レンタル大会では受付で行われるくじで分けられた4ブロック毎に選べるポケモン12体(技、努力値等は分からない)が決まっている。そこから3体のポケモンを選べるのだが僕が選べた12体はこちら。f:id:pornograffitti-3754:20160507150125j:image

この中から僕が選んだ3体はラティオスガルーラギャラドス

先発は始めに選んだポケモンということだったので、アタッカー型でも壁張り等のサポート型でも初手が安定するラティオスを選んだ。
ガルーラはメガであれば確実に活躍してくれそうだし、ギャラはゴツメ持ちの物理流し型、もしくは積みアタッカーのどちらでも他の2匹と相性がいいと考えたからだ。

そして、いよいよファクトリーオフの開幕。

ここでレンタル大会について軽く説明。

全80名の参加者によるあらかじめ用意されたポケモンを使う大会。
前述した通り、くじにより4ブロックに分けられブロック毎に決められた12匹(型はどれも同じ、個体値に多少の差あり)から3体を選択する。
予選は分けられたブロックをさらに4ブロックに分けた1ブロック5名の総当たり戦で勝ち数が一番多い人1名が本戦へと進む。
本戦は各ブロックを上がってきた16名でのトーナメント。

説明終わり。

そんなこんなしていると、僕の出番が回ってきた。
選出画面で選んだ3体の確認。

ラティオス@光の粘土
龍の息吹 ラスターパージ
リフレクター 光の壁

猫騙し 空元気

ギャラドス@達人の帯
大文字 破壊光線

(^q^)…

なか○しは
めのまえが まっくらに なった!

しかしながら、流石は準伝と†環境の覇者†と鯉のぼり。

壁貼ってガルーラ後投げして猫騙し、範囲の広いギャラで殴ってるだけで十分強く、予選は3-1という成績だった。

同じブロックの人に3-1の方がもう1人いらっしゃったのですが、直接対決で僕が勝利していたため、本戦へと駒を進めることができました。

なお、本戦1戦目でズルしまくったにもかかわらず負けた模様。

ということで、ファクトリーオフレンタル大会ベスト16という成績を収めることができました。

まぁ、僕が本戦で負けた方が優勝したので、実質ベスト9ですね(戯れ言)

対戦オフ初参加の方やポケモン対戦初心者の方が多いルールの大会だったとはいえ、このような場で結果を残すことができたのは純粋に嬉しかったです。

また、対戦参加者という側面だけでなく、よく動画を見ている実況者の方々の実況を生で聞き、数人の方からはサインをいただくこともでき、視聴者という側面でもとても満足することができました。

このブログが目に届くか分かりませんがお礼を申し上げたいと思います。
対戦また一緒に話をした参加者の方、運営の実況者生主の皆様、本当にありがとうございました!

f:id:pornograffitti-3754:20160509230420j:image










そういえば、ファクトリーオフが閉会した後、実況者の人から名札入れと交換で参加賞のバッジをもらうというイベントがありました。

僕はランドセルさんの列に並び、交換の際に間違って名札入れだけでなく名札も一緒に渡してしまいました。

ランドセルさん「名札は持って帰っていただいて…名前がwww」

僕「苗字が中西なんですよー!(決まり文句)」

これだから、このHNはやめられねぇ!!!

もちおふオフレポ

(※日記に近いです。ゲームのルール等は詳しく記載していません。)
 

おもちーさん主催のボドゲのオフ会、もちおふに参加してきました。

 
この間の真皇杯中四国予選では緊張で会場に向かうまでの間、ずっとえずいていました。
しかしながら、今回はボドゲ初心者も多く参加し、中四国予選で知り合った方も参加されるということだったので緊張せず、えずくことはない…
 
そう思っている時期も僕にはありました。
 
実際に緊張はしなかったものの電車で隣に座られた方が「フランクフルトを腐らせてコーヒーを混ぜた匂い」を放っていたので結局、えずくことに。
他に座る席もなく、かといって広島駅まで立っているのも億劫だったため居座ることに決める。完全にプレミ。
その後は車内も人が多くなり抜け出す隙間もない状態。
まるで、ゲンガナンスに嵌められてる気分でした。
 
広島駅に到着しゲンガナンスから解放される。12ターンぐらい嵌められましたかね?なか○しは3度死ぬ。
 
バスに乗り目的地へ。
ここでは街の風景を眺めながら「どっかで見たことある道だなぁ…。あっ、調子こいて車で広島来るも迷い、涙目になりながら運転した道だ!」と気づいたこと以外何もなかったので割愛。
 
目的のバス停に到着するも会場がわからず放浪。しかたがないのでiPhone先生に道案内をしてもらう。
この機械、優秀すぎですね。
 
会場に着き、参加者の方々と合流。
参加者の方々は広島ポケ勢の方が多かったのでお互い顔見知りのようでした。
僕は対戦オフも新参かつTwitter上でしか関わったことのない方もいらっしゃったので自己紹介をする。
 
僕「なか○しです」
皆「イメージと違う」
 
僕のイメージってどんなのだったんでしょうね。私気になります!
 
 
(※ここから遊んだゲームについて記載しますが、ルール等は書いていくと長ったらしくなるので割愛します)
 
はじめに遊んだのは「ラブレター」
 
短時間で決着がつき、ルールも簡単なゲームという印象でした。
個人的な印象ですが、他のゲームより運の要素がかなり強いゲームでボドゲ初心者でも簡単に勝つことができる敷居の低いゲームだと感じました。
 
次に「スカル」
択ゲーに強くなるゲームらしい。不意打ちのタイミング絶対読まれるマンなので苦戦しました…。
ルールは1ゲームする間に覚えられる程度の簡単なものでした。
 
続いて「ゴキブリポーカー」
カードを嘘・本当を交えて他プレイヤーに押し付けて勝者ではなく1人の敗者を決めるゲーム。
1ゲームに1人は俺絶対殺すマンがいる気がする。
 
「街コロ」
ダイスを振り、出た目によって自分の所持している施設の効果が発動し収入を得て、得たお金で施設を購入するを繰り返して目的の施設を全て解放すれば勝ちというゲーム。
「「「「ざわわ〜(^q^)」」」」 
「「「「やまま〜(^q^)」」」」
 
ヒードランポーカー」
ゴキブリポーカーのポケモン版!
てつさん立案、むーさん絵。
「これ、眼鏡ドランですよ」
「HBCDSがVのカロスマーク付き色ドランです」→「ひか○うむ産かな?」
などのポケ勢独特のネタ付きでカードを回すのは面白すぎました。
こちら、ヒードランポーカー紹介のブログになります、興味のある方は是非!
 
 
レジスタンス」
脱落者がゲームが終わるまで出ない人狼ヌルゲー。
ラストゲームはよっちゃんさんに弄ばれた。
f:id:pornograffitti-3754:20160315113826j:image
 
「ザ・ビッグチーズ」
一風変わったすごろく。ゲーム中、語尾に「チュー」をつける縛りがいつのまにか追加されいつのまにか淘汰された。12面ダイスで2を2連続で出したときの僕↓
f:id:pornograffitti-3754:20160315124050j:image
 
 
「ガイスター」
将棋やチェスのように盤面のコマを動かす系統のゲーム。ルールやコマの動かし方も簡単でした。
口プやブラフは基本だよなぁ!?
 
遊んだゲームの紹介と雑感は以上です。
 
 
今回、初めてボドゲのオフ会に参加させていただきましたが、単刀直入に言うとめちゃくちゃ楽しかったです。
 
何がどう楽しかったというのは文章構成能力が皆無の僕には上手くまとめられる気がしないので、今回は僕が初心者でも楽しめたポイントについてまとめようと思います。
 
・用意されているゲームの数が豊富
今回は僕が遊んだゲームを紹介しましたが、これら以外にも多数のゲームがあるのでまったく飽きません。
 
・初心者が多数
今回しか標本がないので今後、毎回そうとは言い切れませんが、ボドゲ初心者の方が多くいた様に見受けられました。
自分だけ初心者という変な緊張感を抱くことがなかったのでとても気楽でした。
 
・参加者が協調的
はじめて遊ぶゲームでも必ず周りの経験者の方がわかりやすくルールを教えてくれます。また、自分が興味の持ったゲームをしているグループに「次のゲームから僕もいいですか?」と聞くと、どのグループも受け入れてくれました。
 
・暇な人を極力出させないゲームの手配
今回、僕が一番感動した部分でもあります。主催のおもちーさん含め、ボドゲオフ常連の方々が現在空いている人数に見合ったゲームを手配を行っていて暇な時間がほとんどありませんでした。
 
以上が僕が初心者でも楽しめたポイントになります。
 
 
最後に主催のおもちーさん、常連の皆様、初心者の皆様、おかげで楽しくボドゲを遊ぶことができました!
稚拙な文章で伝わらない部分が多々あったと思います、申し訳ございません。
ただ、少しでも「楽しかったんだ!」という気持ちが伝わっていれば幸いです。
今度は少し難しめのボドゲにもチャレンジしてみたいと思います。
予定が合えばまた参加したいと思いますのでその時はよろしくお願いします!
 
 
 
 
 
 
あと、はじめて会った方々に「なかだし」が浸透していくの密かに楽しんでました(^q^)

真皇杯中四国予選オフレポ

 

はじめてブログを書くので拙い部分もあるとは思いますが、最後まで見ていただけたら嬉しいです。

(※対戦についてはあまり触れず、1日の流れを書いているので日記に近いです)

2/21に行われた真皇杯中四国予選に参加してきました。

今回がはじめての対戦オフということもあり、前日は緊張で寝付けませんでした。仕方がないので「耳舐めマッサージ」という音声をYouTubeで聞きながら寝付くことにしました。とてもえっちぃのでオススメです。

http://youtu.be/gE4CMleQlpk

ちなみに、興奮して2時間は寝られませんでした。

当日の朝、えずきながら電車に乗りました。途中、隣に座られた方が僕と全く同じコートを着ており、気まずい雰囲気が漂いました。10駅ほどお互いその場に居座り、それはさながら、お互い有効打のないドランとドランの対面で後続にも負担がかけられないという状況のようでした。

目的の駅に到着して、友人を待つ。駅で見かける人々が同じ予選参加者にしか見えない症候群に陥り、再度えずく。

友人と合流し、予選会場に向かう。この間は僕が持ち前の方向音痴を発動させたこと以外、特に何もなかったので割愛。

予選会場に到着し、受付を済ませる。友人はびぶおふに何度か参加しているということなので運営の方々とは顔見知りのようだった。僕はHNを聞かれ、恥ずかしさでアヘアヘなりながら「なか○しです。」と返答。

Mーさん「読み方は“なかまるし”でいいのかな?」

あぁ、なんでこんなHNにしたんだろう・・・。

若干、運営のむーさんを困らせながら、次にかっこいい名札を受け取る。ここでも、HNを聞かれ返答。速攻で「なかだしくんね!」と言われ、満足感に浸った。

あぁ、このHNにしてよかった。(誰に弄っていただいたかは残念ながら、覚えていない。弄っていただきありがとうございました)

エントリーシートを記入し、ブロックごとに席に着く。ブロック名は主催者のトルンさんの独断と偏見で可愛いトレーナー(一部、他の運営の圧力による女性以外のトレーナー)が選ばれたそうですが、ナタネがいなかったので訴訟も辞さない思いです。

僕がスズナブロックで友人がダイゴブロックだったので、席が離れコミュ症発動。当分、だんまりを決め込む。

ここで、ざっくりとパーティの紹介。

 

フシギバナ@フシギバナイト

呑気  新緑→厚い脂肪

ギガドレ ヘド爆 地震 光合成

 

ヒードラン@こだわりメガネ

控えめ  貰い火

オバヒ 火炎放射 ラスカノ 大地の力

 

サンダー@こだわりスカーフ

控えめ  プレッシャー

10万ボルト ボルチェン 熱風 めざ氷

 

マリルリ@突撃チョッキ

意地っ張り  力持ち

滝登り じゃれつく 馬鹿力 アクジェ

 

ポリゴン2@進化の輝石

図太い  トレース

冷凍B イカサマ 電磁波 自己再生

 

バシャーモ@バシャーモナイト

意地っ張り  加速→加速

フレドラ 飛び膝 守る バトンタッチ

 

紹介おわり。

経緯は覚えていないが、左隣に座っていたすきやバイトさんと話しながら、対戦のスタートを待つ。

そして、ついに対戦のゴングが鳴った…!

(※対戦していただいた方々に許可を得ていないので、対戦結果やパーティや選出は詳細には記載しません)

午前は乱数で耐えたり、急所で勝ったり、戦略に嵌められたり、3タテされたり、ポケッターリ、モンスターリ、これぞポケモンバトル!といった試合展開盛りだくさんだった。

午前は2-3で終わった。実力不足に打ひしがられながら、友人と昼食に出かける。

友人の提案での僕らはココスに向かった。そう、これを回収するためにね!!

f:id:pornograffitti-3754:20160226135050j:image

可愛い(確信)

 

ブヒブヒ言いながら、予選会場へ帰還。

残りの試合を消化。生の「神ィ!?」が聞けたり、プレイングの差を感じさせられたり、お互い謎選出をしたり、バトルの奥深さや楽しさを再確認できた。

午後の結果は1-3。ごめんね、真姫ちゃん、かよちん、凛ちゃん…。

最終結果は3-6。「一勝もできないのではないか?」という心配をしていたので、はじめての対戦オフの結果としては個人的には満足でした。

あとは、GSダブルを観戦したり他の方々の対戦を見学した。GSルールに関しては全く知識がないので周りの方々に色々を教えていただきながら観戦した。おかげで楽しく観戦することができました。本当にありがとうございました。(小学生並みの感想)

その後は、中四国予選の本戦を見学した。僕は1人の人の対戦をずっと見ていたのであまり他の方々の対戦を見れなかったので今後はもっといろんな人の対戦を見たいと思う。(中学生並みの感想)

中四国予選も終わり、舞台は二次会。僕は二次会という場、居酒屋という場もはじめてだったので終始キョロキョロしてて気持ち悪かったと思う。インドアキモオタだからね。しょうがないね。

相席したのは、友人のひかるくん(害悪マスター)とデンちゃんさん(リア充1号)とたこすさん(リア充2号)と時々、むーさん(女帝)。

他の席ではポケモンの話で盛り上がっている中、僕らは下ネタと美味しい魚介類の食べ方の話題に花を咲かせていた。これ、なんのオフ会だったっけ?

僕は未成年ということもあり、終始ウーロン茶を飲んでいたが、たこすさんが熱燗を飲んでいて「かっけぇ…」以外の感情を失った。絶対に20歳超えたらドヤ顔して熱燗を嗜もうと決めた。

終盤は今予選準優勝者のりょうたさんとお話しさせていただいた。さすが、準優勝者だけあってポケモンの知識が豊富でお話ししているだけでポケモン強者になった気分だった。ここで、ポケモンの対戦オフ会の二次会だと再認識する。

僕は電車の都合(何よりお母様の鉢巻逆鱗を受けそうだった)もあり、全体で解散する前に一足先にお暇させていただいた。

駅まではルークさん、りょうたさんと向かったのですが、ルークさんが仰っていた「名残惜しい」という言葉に僕もその通りだと感じました。

今回、初めて対戦オフに参加し、僕のポケモン人生の中で最も楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。

これもひとえに運営の皆様、対戦していただいた皆様、お話ししていただいた皆様、参加者の皆様のおかげです!本当にありがとうございました!

今後も機会があれば、また参加したいです。その時はよろしくお願いします!